会 社 概 要

» English

TOP業務内容製品紹介技術紹介 | 主要設備(平塚工場) | アクセス方法

Ryoka Malaysia Sdn.Bhd.


りょうかこうぎょうかぶしきがいしゃ
菱華工業株式会社
代表取締役
社    長
向原 通ヘ
創   立 1960年12月20日
資 本 金 1億円
本   社

〒103−0022
住   所 東京都中央区日本橋室町4丁目6番2号
電話番号 03(3245)7725〜6
平塚工場

〒254−0076
住   所 神奈川県平塚市新町6番6号
電話番号 0463(31)7055  (代表) 
FAX 0463(33)8382  (代表)
土地建物 工場敷地 : 22,160u  工場建物 : 23,430u
主要販売先
ソニー
テレビ・DVD・ゲーム機・パソコン等のハウジング
竃セ治
食品用各種容器
食品業界一般
セルボックス・熱成形品
日本ベクトン・ディッキンソン
医療器具
伊藤忠プラスチックス株
食品用各種容器

主要仕入先
三菱化学 日本ポリプロ
テクノポリマー PSジャパン
取引銀行
三菱UFJ銀行(本店) 宮崎銀行(東京支店)
 ごあいさつ

当社は1960年、菱華産業株式会社を母体に射出成形専業メーカーとして誕生致しました。
その後、各界からの絶大なご支援を得まして、電子機器関連製品・食品用各種容器、さらには、自動車部品・事務機用部品・医療器具等の分野にも進出し、設計・金型製作・成形・表面処理・組立までのプラスチック製品の一貫製造メーカーとして、今日に至っております。
プラスチックは、20世紀に生まれた基礎材料として、最も傑出した作品だと言われています。私達は、このプラスチックの成形加工という分野で、社会に貢献できることに誇りを抱いております。
プラスチックの世界は、未だ未知の分野がたくさんあります。
私達は、成形のみならず、プラスチック加工の分野でより勝れた製品を、より合理的に生産できるよう、全社一体となって日夜研鑚努力を続けております。
何卒一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 あらまし

<1960年12月>
  東京都中央区日本橋室町4丁目6番地に菱華工業株式会社を設立する。
  資本金4,000万円。

<1961年5月>

  神奈川県平塚市新町6番6号に鉄筋コンクリート建工場(1,300u)完成する。
  射出成形機5台にて生産開始。湯浅電池株式会社納入始まる。
<1964年5月>

  ソニー株式会社と取引始まる。
<1967年4月>

  平塚工場、工場敷地追加購入。22,874uとなる。
<1970年9月>
  コンピューター導入、事務の合理化を図る。射出成形機18台となる。
<1974年9月>
  資本金1億円となる。
<1977年7月>
  スウェーデンCERBO社と技術提携。
<1978年1月>
  薄肉高速成形品の分野に着手。
  明治乳業株式会社と取引始まる。射出成形機25台となる。
<1978年7月>
  新成形工場増設(鉄骨2階建て5,782u)射出成形機31台となる。
<1981年5月>
  新加工工場増設(鉄骨2階建て9,160u)射出成形機38台となる。
<1986年4月>
  日本ベクトン・ディッキンソン株式会社と取引始まる。
  射出成形機47台となる。
<1988年9月>
  マレーシア工場設立<Ryoka(M)>。
<1996年4月>
  熱成形分野に着手。熱板加熱式圧空及び連続真空圧空成形機各1台導入。
<2000年12月>
  ISO9001、ISO14001同時認証取得。射出成形機55台となる。
<2002年8月>
  無塵塗装設備増設。
<2004年8月>
  大型無塵塗装設備増設。
<2005年7月>
  中京工場設立。(岐阜県養老町)
<2007年1月>
  ヨーロッパ工場設立(Ryoka Global Europe)。

<2010年3月>
  中京工場閉鎖。

 Copyright(C) 2004-2010 Ryoka Kogyo Co.,Ltd. All Rights Reserved.